Blog

しわ改善にはこれ!!【30代~50代必見!】韓国コスメでしわ改善✨

しわ改善にはこれ!!【30代~50代必見!】韓国コスメでしわ改善✨

  目じりやほうれい線が気になる、、、ケアしても綺麗にならないし目立ってきた気がする、、、こんなお悩みの方必見! 話題の韓国コスメで若々しい肌を取り戻せます♡ 年齢を重ねるごとに気になる顔のシワはスキンケアを見直してしっかり行えば、予防・改善できるんです! シワの原因や対策、しわ改善に最強なクリームを紹介♡ 1乾燥:水分不足でキメが粗くなる 乾燥した肌は、皮脂量と水分量が不足している状態です。肌が乾燥することで肌のキメが粗くなり、細かい小じわとなって顔に現れます。 肌の外側にある表皮は本来、細胞に水分を多く含んでいるため、ハリがあります。しかし、保湿不足であったり摩擦などの刺激を受けたりすると、肌が乾燥してしわができやすい状態となります。 シワができやすい部位は皮膚が薄く乾燥しやすい部分で、保湿力や浸透力の高い美容クリームで潤いを補い、肌を乾燥から守り、内側から水分で満たすことが大切です。保湿することで、乾燥による浅い小ジワの対策にもなります。 <保湿力が高い有効成分> 保湿成分 特徴 セラミド 肌を刺激から守るバリア機能がある 不足しがちなセラミドを補い、肌の水分保持力を高める βグルカン 浸透力が高く潤いを保ち肌を滑らかに 肌のコラーゲン生成をバックアップ ヒアルロン酸 水分量が多く、肌の弾力を保つ 肌の潤いを保つ   2紫外線:ダメージが表出する 太陽光のひとつである紫外線は、真皮層に届くと細胞を破壊すると考えられています。蓄積された紫外線によるダメージが表出することで、顔のしわ・たるみ・シミが目立ちやすくなります。 一時的に紫外線を浴びただけであれば、皮膚を元の状態に修復することは可能です。ただし、紫外線を浴びる機会が多い場合、コラーゲンが減少し、肌の新陳代謝が低下します。蓄積された紫外線ダメージが多い人ほど、しわの数が多くなるでしょう。   <紫外線対策の具体例> 日焼け止めクリームを塗る 帽子や日傘で日差しを遮る サングラスをかける...

しわ改善にはこれ!!【30代~50代必見!】韓国コスメでしわ改善✨

  目じりやほうれい線が気になる、、、ケアしても綺麗にならないし目立ってきた気がする、、、こんなお悩みの方必見! 話題の韓国コスメで若々しい肌を取り戻せます♡ 年齢を重ねるごとに気になる顔のシワはスキンケアを見直してしっかり行えば、予防・改善できるんです! シワの原因や対策、しわ改善に最強なクリームを紹介♡ 1乾燥:水分不足でキメが粗くなる 乾燥した肌は、皮脂量と水分量が不足している状態です。肌が乾燥することで肌のキメが粗くなり、細かい小じわとなって顔に現れます。 肌の外側にある表皮は本来、細胞に水分を多く含んでいるため、ハリがあります。しかし、保湿不足であったり摩擦などの刺激を受けたりすると、肌が乾燥してしわができやすい状態となります。 シワができやすい部位は皮膚が薄く乾燥しやすい部分で、保湿力や浸透力の高い美容クリームで潤いを補い、肌を乾燥から守り、内側から水分で満たすことが大切です。保湿することで、乾燥による浅い小ジワの対策にもなります。 <保湿力が高い有効成分> 保湿成分 特徴 セラミド 肌を刺激から守るバリア機能がある 不足しがちなセラミドを補い、肌の水分保持力を高める βグルカン 浸透力が高く潤いを保ち肌を滑らかに 肌のコラーゲン生成をバックアップ ヒアルロン酸 水分量が多く、肌の弾力を保つ 肌の潤いを保つ   2紫外線:ダメージが表出する 太陽光のひとつである紫外線は、真皮層に届くと細胞を破壊すると考えられています。蓄積された紫外線によるダメージが表出することで、顔のしわ・たるみ・シミが目立ちやすくなります。 一時的に紫外線を浴びただけであれば、皮膚を元の状態に修復することは可能です。ただし、紫外線を浴びる機会が多い場合、コラーゲンが減少し、肌の新陳代謝が低下します。蓄積された紫外線ダメージが多い人ほど、しわの数が多くなるでしょう。   <紫外線対策の具体例> 日焼け止めクリームを塗る 帽子や日傘で日差しを遮る サングラスをかける...

美人は毎日やってる♡美肌習慣を身に付けましょう♡(スキンケア、食事、習慣)

美人は毎日やってる♡美肌習慣を身に付けましょう♡(スキンケア、食事、習慣)

  美肌になるには毎日の習慣がとても大切です。 美人のあの人は実は毎日のケアを頑張っています。毎日のコツコツの努力が美肌への近道です。    Contents 毎日のスキンケア習慣①~④ 美肌をつくる食生活①~② 習慣を正す ◎【毎日のスキンケア】◎ ①丁寧なスキンケアをする 時間がないから、めんどくさいからといってスキンケアを適当に済ませていませんか? スキンケアを丁寧にしないとせっかく良い化粧品を使っても台無しにしてしまいます。 化粧水は奥まで浸透させるイメージで優しくおさえこむ(ここでパチパチお肌をたたいたり、ゴシゴシぬるのはNG!)※2~3回重ね付けする ↓ 美容液も同じように奥に浸透させるイメージでしっかり押さえて優しくおさえこむ。奥まで浸透させるイメージでおこなうだけで本当に浸透力は格段に変わります! ↓ 乳液は多すぎず少なすぎずの量を調節して伸ばしぬりする。 乳液は消化粧水と美容液のふたをする役目があるのでムラなく伸ばしましょう。   同じ化粧品を使っても、お手入れの仕方で効果は全然変わってきます。丁寧なスキンケアを心がけて効果をより高めましょう。   他にもクリームや、パック、アイクリームなどを使用する際にはこの順番が最適です♡ クレンジング➡洗顔➡化粧水➡シートパック➡美容液➡アイクリーム➡乳液➡クリーム  正しいスキンケアの順番を行うのも大事な美肌習慣です。 ②ティッシュで顔をふく 洗顔後のお肌は清潔な状態なのでそれをフェイスタオルで拭いてしまうと台無しに! 清潔に見える新しいタオルでも見えない雑菌はいっぱいです。また、タオルで拭いてしまうとお肌が外部刺激により傷ついてしまうのでおすすめしません。 洗顔後はティッシュや、フェイスペーパーで優しく水気を優しくおさえるかんじでふき取りましょう。 これを変えるだけで顔に菌が付着するのを予防し、外部刺激もなくなるのでニキビができにくくなったり、肌荒れもしづらくなるので今すぐ変えてみましょう。 ③メイクをした日は必ずクレンジングと洗顔をする...

美人は毎日やってる♡美肌習慣を身に付けましょう♡(スキンケア、食事、習慣)

  美肌になるには毎日の習慣がとても大切です。 美人のあの人は実は毎日のケアを頑張っています。毎日のコツコツの努力が美肌への近道です。    Contents 毎日のスキンケア習慣①~④ 美肌をつくる食生活①~② 習慣を正す ◎【毎日のスキンケア】◎ ①丁寧なスキンケアをする 時間がないから、めんどくさいからといってスキンケアを適当に済ませていませんか? スキンケアを丁寧にしないとせっかく良い化粧品を使っても台無しにしてしまいます。 化粧水は奥まで浸透させるイメージで優しくおさえこむ(ここでパチパチお肌をたたいたり、ゴシゴシぬるのはNG!)※2~3回重ね付けする ↓ 美容液も同じように奥に浸透させるイメージでしっかり押さえて優しくおさえこむ。奥まで浸透させるイメージでおこなうだけで本当に浸透力は格段に変わります! ↓ 乳液は多すぎず少なすぎずの量を調節して伸ばしぬりする。 乳液は消化粧水と美容液のふたをする役目があるのでムラなく伸ばしましょう。   同じ化粧品を使っても、お手入れの仕方で効果は全然変わってきます。丁寧なスキンケアを心がけて効果をより高めましょう。   他にもクリームや、パック、アイクリームなどを使用する際にはこの順番が最適です♡ クレンジング➡洗顔➡化粧水➡シートパック➡美容液➡アイクリーム➡乳液➡クリーム  正しいスキンケアの順番を行うのも大事な美肌習慣です。 ②ティッシュで顔をふく 洗顔後のお肌は清潔な状態なのでそれをフェイスタオルで拭いてしまうと台無しに! 清潔に見える新しいタオルでも見えない雑菌はいっぱいです。また、タオルで拭いてしまうとお肌が外部刺激により傷ついてしまうのでおすすめしません。 洗顔後はティッシュや、フェイスペーパーで優しく水気を優しくおさえるかんじでふき取りましょう。 これを変えるだけで顔に菌が付着するのを予防し、外部刺激もなくなるのでニキビができにくくなったり、肌荒れもしづらくなるので今すぐ変えてみましょう。 ③メイクをした日は必ずクレンジングと洗顔をする...

食べるだけじゃない!スキンケアにも抜群の乳酸菌の美肌効果!!

食べるだけじゃない!スキンケアにも抜群の乳酸菌の美肌効果!!

話題の「腸活」。腸内環境を整えることで全身の健康を促進することですが、乳酸菌も腸活の重要な役割を担っています。発酵食品などを通して乳酸菌を取り入れると、腸内の善玉菌が活発になり、腸だけでなく全身の健康が促進されます。特に、腸内環境が整うことで免疫力もアップし、アレルギーやアトピーの改善なども期待できます。 他にも、便通改善で老廃物を体の外に出すため、美肌やボディメイクにも欠かせません。ヨーグルトや飲料に多く含まれている乳酸菌ですが、食べて内側から摂取するだけではなくスキンケアとしても美肌効果を得られるんです♡ 食べる&スキンケアで内側と外側から同時に摂取してより高い美肌効果を発揮しましょう! 乳酸菌とは 乳酸菌は善玉菌を増やし、肌の常在菌バランスを整えてくれるため、美肌効果が期待できると言われています。 善玉菌は美肌菌とも呼ばれている菌です。 腸と同じように、肌にも善玉菌と悪玉菌は存在します。 善玉菌が増えると腸内環境が整うように、肌にも良い効果があります。   ◎美肌効果のある乳酸菌の種類 酵母エキス 酵母エキスは、傷ついた皮膚細胞の修復効果や肌の水分蒸発を防ぐ保湿効果にも優れており、乾燥対策・老化予防に役立ちます。 細胞の修復作用年齢を重ねてくると肌にツヤやハリがなくなり、老化を感じる機会が多くなるでしょう。 酵母エキスに含有されているアミノ酸には肌細胞の生成や、傷付いた細胞を修復する働きが期待できます。   ◆細胞の修復作用 年齢を重ねてくると肌にツヤやハリがなくなり、老化を感じる機会が多くなるでしょう。 酵母エキスに含有されているアミノ酸には肌細胞の生成や、傷付いた細胞を修復する働きが期待できます。 この細胞の修復効果によって、老化によって乱れたターンオーバーを正常化するよう促します。 また、酵母エキスは豊富なビタミンB群も含有しているのが特徴。 ビタミンB群は新陳代謝の促進や、新しい肌細胞を生成するうえで欠かせない成分です。 細胞を修復する働きだけでなく、新しい細胞を作るためのサポート的な役割も担っています。 この働きが健康的な肌作りをサポートしています。   ◆保湿効果 酵母エキスには高い水分保持の働きが期待できます。 肌が持っている天然保湿因子と似ている構造を持っていることから、水分をキープして肌に潤いを与えるのに役立ちます。 肌の潤いを保つためには水分を与えるだけでなく、その潤いをいかにキープさせるかがポイントになります。 このとき酵母エキスは水分蒸発を防ぐ働きをして、乾燥肌になるのを防いでくれます。また酵母エキスに含有されているビタミンB2は、皮脂の分泌量を調整して肌を健康な状態にする働きも期待できる成分。 さらに、酵母エキスに含有されているアミノ酸には、水分を引き寄せる効果を期待できます。...

食べるだけじゃない!スキンケアにも抜群の乳酸菌の美肌効果!!

話題の「腸活」。腸内環境を整えることで全身の健康を促進することですが、乳酸菌も腸活の重要な役割を担っています。発酵食品などを通して乳酸菌を取り入れると、腸内の善玉菌が活発になり、腸だけでなく全身の健康が促進されます。特に、腸内環境が整うことで免疫力もアップし、アレルギーやアトピーの改善なども期待できます。 他にも、便通改善で老廃物を体の外に出すため、美肌やボディメイクにも欠かせません。ヨーグルトや飲料に多く含まれている乳酸菌ですが、食べて内側から摂取するだけではなくスキンケアとしても美肌効果を得られるんです♡ 食べる&スキンケアで内側と外側から同時に摂取してより高い美肌効果を発揮しましょう! 乳酸菌とは 乳酸菌は善玉菌を増やし、肌の常在菌バランスを整えてくれるため、美肌効果が期待できると言われています。 善玉菌は美肌菌とも呼ばれている菌です。 腸と同じように、肌にも善玉菌と悪玉菌は存在します。 善玉菌が増えると腸内環境が整うように、肌にも良い効果があります。   ◎美肌効果のある乳酸菌の種類 酵母エキス 酵母エキスは、傷ついた皮膚細胞の修復効果や肌の水分蒸発を防ぐ保湿効果にも優れており、乾燥対策・老化予防に役立ちます。 細胞の修復作用年齢を重ねてくると肌にツヤやハリがなくなり、老化を感じる機会が多くなるでしょう。 酵母エキスに含有されているアミノ酸には肌細胞の生成や、傷付いた細胞を修復する働きが期待できます。   ◆細胞の修復作用 年齢を重ねてくると肌にツヤやハリがなくなり、老化を感じる機会が多くなるでしょう。 酵母エキスに含有されているアミノ酸には肌細胞の生成や、傷付いた細胞を修復する働きが期待できます。 この細胞の修復効果によって、老化によって乱れたターンオーバーを正常化するよう促します。 また、酵母エキスは豊富なビタミンB群も含有しているのが特徴。 ビタミンB群は新陳代謝の促進や、新しい肌細胞を生成するうえで欠かせない成分です。 細胞を修復する働きだけでなく、新しい細胞を作るためのサポート的な役割も担っています。 この働きが健康的な肌作りをサポートしています。   ◆保湿効果 酵母エキスには高い水分保持の働きが期待できます。 肌が持っている天然保湿因子と似ている構造を持っていることから、水分をキープして肌に潤いを与えるのに役立ちます。 肌の潤いを保つためには水分を与えるだけでなく、その潤いをいかにキープさせるかがポイントになります。 このとき酵母エキスは水分蒸発を防ぐ働きをして、乾燥肌になるのを防いでくれます。また酵母エキスに含有されているビタミンB2は、皮脂の分泌量を調整して肌を健康な状態にする働きも期待できる成分。 さらに、酵母エキスに含有されているアミノ酸には、水分を引き寄せる効果を期待できます。...

次世代の美容成分!βグルカンの美肌効果とは?

次世代の美容成分!βグルカンの美肌効果とは?

話題のβグルカンの美肌効果についてご紹介! 自分に合ったスキンケアを選ぶには成分の性質を知ることがとても大切です♡ βグルカンとは キノコから抽出される保水力の高い成分 β-グルカン(※2)は、アガリクスをはじめとするキノコ類やパン酵母の細胞壁に含まれる、天然由来の成分。サプリや健康食品などで耳にする成分ですが、優れた保湿力とコラーゲン生成を促すはたらきを持ち、しっとりとしてハリのある肌に近づけてくれます。また、肌への負担が少ないので、敏感肌の方や肌にダメージを受けている方も安心して使用できます。スキンケアでも嬉しい効果をもたらしてくれます。 ※2 保湿成分    Contents ヒアルロン酸の2倍以上!優れた保湿力と浸透力 肌のコラーゲン生成をバックアップ 刺激や肌ストレスから守ってくれる 抗炎症・抗酸化作用 アンチエイジング効果 ✅ヒアルロン酸の2倍以上!優れた保湿力と浸透力(※)✅ β-グルカン(※2)はヒアルロン酸の2倍以上の保湿力を持つと言われている注目の保湿成分。浸透力も高いので肌にぐんぐん吸収(※)、角質層まで浸透したβ-グルカン(※2)は肌を潤いで満たし、滑らかで美しい素肌に導いてくれます。乾燥肌や敏感肌にも有益です。 ヒアルロン酸やトレハロースに代表される多糖類は、皮膚表面に薄い膜を形成し、環境から水分を吸収して、皮膚表面の水分蒸発を減らします。 ヒアルロン酸や他のほとんどの保湿剤とは異なり、β-グルカンは単に皮膚表面に作用するのではなく、細胞および分子レベルに深く浸透します. 浸透が良好な状態では、β-グルカンは内側から肌の状態を改善し、肌が水分を保持するのに役立ちます。細胞を直接通過するのではなく、細胞間スペースを通過して皮膚に浸透します。またβ-グルカンは膜形成が良くベタつかないので、使用感も良いです。※角質層まで、※2 保湿成分 ✅肌のコラーゲン生成をバックアップ✅ β-グルカン(※2)には、コラーゲン生成を命令する細胞と関係があるとされており、加齢やストレスなどで低下する肌の抵抗力を高め、年齢を重ねるごとに減ってしまうコラーゲンを、最大で32%増やすことができると言われています。 ✅刺激や肌ストレスから守ってくれる✅ 環境の変化や紫外線ダメージなどから、肌を癒し守ってくれるはたらきも。細胞の隙間をしっかり保湿して、バリア機能にアプローチ。キメが整い潤いで満ちた肌に近づけてくれます。※角質層まで、※1 ヒト脂肪細胞順化培養液エキス(整肌成分)、※2 保湿成分 ✅抗炎症・抗酸化作用✅ 炎症を起こした肌を落ち着かせる優れた成分です。これは吸湿性物質であり、傷をすばやく治すために水分で満たします。 また、効果的な抗炎症剤でもあります。 にきびの吹き出物を鎮静させ、ざらざらした乾燥肌を改善することができます. その抗菌特性は、にきびの原因となる細菌の形成を防ぎます。 皮膚バリアを引き締めて、皮膚の免疫力を高めます。β-グルカンには優秀な抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、紫外線刺激などの外部の物理的または化学的刺激、皮膚刺激の刺激成分に抵抗できることが示されています。 ✅アンチエイジング効果✅ βグルカンにはアンチエイジング効果もあります。廊下の兆候を引き起こす可能性のある、日光への露出、年齢、環境毒素、および細菌感染によって引き起こされる細胞損傷と戦います。栄養素は肌に水分を回復させ、小じわを改善します。 また、小じわを滑らかにし、しわの深さを減らすコラーゲンの生成を刺激します。β-グルカンは皮膚細胞の自然な活力を根本的に改善し、皮膚の自然な再生プロセスにおいて相乗的な役割を果たします。皮膚組織にも免疫細胞があります。...

次世代の美容成分!βグルカンの美肌効果とは?

話題のβグルカンの美肌効果についてご紹介! 自分に合ったスキンケアを選ぶには成分の性質を知ることがとても大切です♡ βグルカンとは キノコから抽出される保水力の高い成分 β-グルカン(※2)は、アガリクスをはじめとするキノコ類やパン酵母の細胞壁に含まれる、天然由来の成分。サプリや健康食品などで耳にする成分ですが、優れた保湿力とコラーゲン生成を促すはたらきを持ち、しっとりとしてハリのある肌に近づけてくれます。また、肌への負担が少ないので、敏感肌の方や肌にダメージを受けている方も安心して使用できます。スキンケアでも嬉しい効果をもたらしてくれます。 ※2 保湿成分    Contents ヒアルロン酸の2倍以上!優れた保湿力と浸透力 肌のコラーゲン生成をバックアップ 刺激や肌ストレスから守ってくれる 抗炎症・抗酸化作用 アンチエイジング効果 ✅ヒアルロン酸の2倍以上!優れた保湿力と浸透力(※)✅ β-グルカン(※2)はヒアルロン酸の2倍以上の保湿力を持つと言われている注目の保湿成分。浸透力も高いので肌にぐんぐん吸収(※)、角質層まで浸透したβ-グルカン(※2)は肌を潤いで満たし、滑らかで美しい素肌に導いてくれます。乾燥肌や敏感肌にも有益です。 ヒアルロン酸やトレハロースに代表される多糖類は、皮膚表面に薄い膜を形成し、環境から水分を吸収して、皮膚表面の水分蒸発を減らします。 ヒアルロン酸や他のほとんどの保湿剤とは異なり、β-グルカンは単に皮膚表面に作用するのではなく、細胞および分子レベルに深く浸透します. 浸透が良好な状態では、β-グルカンは内側から肌の状態を改善し、肌が水分を保持するのに役立ちます。細胞を直接通過するのではなく、細胞間スペースを通過して皮膚に浸透します。またβ-グルカンは膜形成が良くベタつかないので、使用感も良いです。※角質層まで、※2 保湿成分 ✅肌のコラーゲン生成をバックアップ✅ β-グルカン(※2)には、コラーゲン生成を命令する細胞と関係があるとされており、加齢やストレスなどで低下する肌の抵抗力を高め、年齢を重ねるごとに減ってしまうコラーゲンを、最大で32%増やすことができると言われています。 ✅刺激や肌ストレスから守ってくれる✅ 環境の変化や紫外線ダメージなどから、肌を癒し守ってくれるはたらきも。細胞の隙間をしっかり保湿して、バリア機能にアプローチ。キメが整い潤いで満ちた肌に近づけてくれます。※角質層まで、※1 ヒト脂肪細胞順化培養液エキス(整肌成分)、※2 保湿成分 ✅抗炎症・抗酸化作用✅ 炎症を起こした肌を落ち着かせる優れた成分です。これは吸湿性物質であり、傷をすばやく治すために水分で満たします。 また、効果的な抗炎症剤でもあります。 にきびの吹き出物を鎮静させ、ざらざらした乾燥肌を改善することができます. その抗菌特性は、にきびの原因となる細菌の形成を防ぎます。 皮膚バリアを引き締めて、皮膚の免疫力を高めます。β-グルカンには優秀な抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、紫外線刺激などの外部の物理的または化学的刺激、皮膚刺激の刺激成分に抵抗できることが示されています。 ✅アンチエイジング効果✅ βグルカンにはアンチエイジング効果もあります。廊下の兆候を引き起こす可能性のある、日光への露出、年齢、環境毒素、および細菌感染によって引き起こされる細胞損傷と戦います。栄養素は肌に水分を回復させ、小じわを改善します。 また、小じわを滑らかにし、しわの深さを減らすコラーゲンの生成を刺激します。β-グルカンは皮膚細胞の自然な活力を根本的に改善し、皮膚の自然な再生プロセスにおいて相乗的な役割を果たします。皮膚組織にも免疫細胞があります。...

お肌の味方!人気の成分ナイアシンアミドって?

お肌の味方!人気の成分ナイアシンアミドって?

スキンケアの成分でよく見かける【ナイアシンアミド】の美肌効果を紹介! 人気の成分の理由を解説いたします! ナイアシンアミドとは ナイアシンアミドは、ビタミン B3と呼ばれるビタミンB群の一種。ニコチン酸アミドとも呼ばれています。水に溶けやすい水溶性の性質を持ち、化粧水や美容液などさまざまなタイプの化粧品に配合されている成分です。 ナイアシンアミドはタラコやカツオ、キノコ類などに多く含まれ、食べ物からも摂取できるほか、体内でも必須アミノ酸のトリプトファンから合成されます。皮膚や粘膜をすこやかに保ち、血行促進作用などの健康効果が期待できます。  Contents DNA修復の促進 抗酸化作用 メラニン生成の抑制で美白・シミ予防 様々な肌トラブルの抑制 シワやたるみの改善 高い保湿力 肌の色むら改善 ✅DNA修復の促進✅ ナイアシンアミドは、紫外線ダメージによるDNA損傷の修復を促進するため(※)、健康的な肌を維持することができます。 ✅抗酸化作用✅ 「ナイアシンアミド」は、酸化防止剤として活性酸素の生成を除去する効果があります。このことにより、細胞へのダメージを軽減させ、健康的な肌を保ちます。ナイアシンアミド」は活性酸素によるダメージを抑制し、DNAの修復を促進するため、紫外線ダメージをダブルブロックすることができると考えられます。 ✅メラニン生成の抑制✅ ナイアシンアミド」メラノソームがメラノサイトからケラチノサイトへと移動するプロセスを抑制するため、メラニンの生成を抑制することができます。また、「ナイアシンアミド」には活性酸素を除去する効果もありますので、メラニンの生成をダブルで抑制することが期待できます。そのため美白効果も高く、シミを予防しくすみのない透明感のある肌に導きます。 注目ポイント:ナイアシンアミドは、厚生労働省が認可した美白成分(※)と言われています。(※)シミの元となるメラニンの生成を抑えることで、シミやそばかすを防ぐ成分のことを示します。 ✅様々な肌トラブルの抑制✅ ーナイアシンアミドの肌荒れに対する効果ー①穏やかな角質溶解作用、皮脂分泌の正常化により、毛穴のつまりを軽減し様々な肌トラブルを改善②適切な水分量を保ち、ニキビを予防③抗炎症作用により肌の赤みや乾燥といった炎症の諸症状を軽減④セラミドや脂肪酸の生成促進により、水分喪失を阻止肌のバリア機能をサポートするため、外からの刺激に敏感になっている、いわゆる敏感肌にも使えます。前述の通りニキビ予防やうるおいアップにも効果的なので、オイリー肌・乾燥肌など、どのような肌質でも、また年齢を問わずに使えるのも魅力です。 ⑤皮脂を抑制し、テカリをコントロールする効果もあります。皮脂による肌あれが気になる肌はもちろん、乾燥によって過剰な皮脂分泌の気になるインナードライの肌にも、おススメの有効成分と言えるでしょう。 ✅シワやたるみの改善✅ シワやたるみが起きる原因のひとつは、肌の奥(真皮)にあるコラーゲンの減少です。ナイアシンアミドはコラーゲンの生成を促進する働きを持つため、シワの改善にも効果を発揮します。なお、ナイアシンアミドは2018年に「シワ改善有効成分」として日本の厚生労働省に承認されています。 ✅高い保湿力✅ ナイアシンアミドは、保湿効果にも優れています。セラミドなどの細胞間脂質の産生を促し、角質層をセラミドが隙間なく満たすことで、紫外線や大気中微粒子などの外的刺激をはね返すバリア機能が働きます。セラミドが不足すると、角層の水分が蒸発しやすくなり、肌は乾燥状態に。肌のバリア機能も低下して、外部からの刺激を受けやすくなるため、肌あれを起こしやすくなります。 ナイアシンアミドにより、セラミドが合成されることで、肌バリア機能も強化します。バリア機能が正常に働いている肌は、肌が水分を保つ力も高まり、乾燥しにくく、肌あれの予防にもつながります。 角質層のバリア機能をサポートする働きをしてくれるナイアシンアミドは、乾燥や外的刺激から肌を守ってくれる成分と言えます。...

お肌の味方!人気の成分ナイアシンアミドって?

スキンケアの成分でよく見かける【ナイアシンアミド】の美肌効果を紹介! 人気の成分の理由を解説いたします! ナイアシンアミドとは ナイアシンアミドは、ビタミン B3と呼ばれるビタミンB群の一種。ニコチン酸アミドとも呼ばれています。水に溶けやすい水溶性の性質を持ち、化粧水や美容液などさまざまなタイプの化粧品に配合されている成分です。 ナイアシンアミドはタラコやカツオ、キノコ類などに多く含まれ、食べ物からも摂取できるほか、体内でも必須アミノ酸のトリプトファンから合成されます。皮膚や粘膜をすこやかに保ち、血行促進作用などの健康効果が期待できます。  Contents DNA修復の促進 抗酸化作用 メラニン生成の抑制で美白・シミ予防 様々な肌トラブルの抑制 シワやたるみの改善 高い保湿力 肌の色むら改善 ✅DNA修復の促進✅ ナイアシンアミドは、紫外線ダメージによるDNA損傷の修復を促進するため(※)、健康的な肌を維持することができます。 ✅抗酸化作用✅ 「ナイアシンアミド」は、酸化防止剤として活性酸素の生成を除去する効果があります。このことにより、細胞へのダメージを軽減させ、健康的な肌を保ちます。ナイアシンアミド」は活性酸素によるダメージを抑制し、DNAの修復を促進するため、紫外線ダメージをダブルブロックすることができると考えられます。 ✅メラニン生成の抑制✅ ナイアシンアミド」メラノソームがメラノサイトからケラチノサイトへと移動するプロセスを抑制するため、メラニンの生成を抑制することができます。また、「ナイアシンアミド」には活性酸素を除去する効果もありますので、メラニンの生成をダブルで抑制することが期待できます。そのため美白効果も高く、シミを予防しくすみのない透明感のある肌に導きます。 注目ポイント:ナイアシンアミドは、厚生労働省が認可した美白成分(※)と言われています。(※)シミの元となるメラニンの生成を抑えることで、シミやそばかすを防ぐ成分のことを示します。 ✅様々な肌トラブルの抑制✅ ーナイアシンアミドの肌荒れに対する効果ー①穏やかな角質溶解作用、皮脂分泌の正常化により、毛穴のつまりを軽減し様々な肌トラブルを改善②適切な水分量を保ち、ニキビを予防③抗炎症作用により肌の赤みや乾燥といった炎症の諸症状を軽減④セラミドや脂肪酸の生成促進により、水分喪失を阻止肌のバリア機能をサポートするため、外からの刺激に敏感になっている、いわゆる敏感肌にも使えます。前述の通りニキビ予防やうるおいアップにも効果的なので、オイリー肌・乾燥肌など、どのような肌質でも、また年齢を問わずに使えるのも魅力です。 ⑤皮脂を抑制し、テカリをコントロールする効果もあります。皮脂による肌あれが気になる肌はもちろん、乾燥によって過剰な皮脂分泌の気になるインナードライの肌にも、おススメの有効成分と言えるでしょう。 ✅シワやたるみの改善✅ シワやたるみが起きる原因のひとつは、肌の奥(真皮)にあるコラーゲンの減少です。ナイアシンアミドはコラーゲンの生成を促進する働きを持つため、シワの改善にも効果を発揮します。なお、ナイアシンアミドは2018年に「シワ改善有効成分」として日本の厚生労働省に承認されています。 ✅高い保湿力✅ ナイアシンアミドは、保湿効果にも優れています。セラミドなどの細胞間脂質の産生を促し、角質層をセラミドが隙間なく満たすことで、紫外線や大気中微粒子などの外的刺激をはね返すバリア機能が働きます。セラミドが不足すると、角層の水分が蒸発しやすくなり、肌は乾燥状態に。肌のバリア機能も低下して、外部からの刺激を受けやすくなるため、肌あれを起こしやすくなります。 ナイアシンアミドにより、セラミドが合成されることで、肌バリア機能も強化します。バリア機能が正常に働いている肌は、肌が水分を保つ力も高まり、乾燥しにくく、肌あれの予防にもつながります。 角質層のバリア機能をサポートする働きをしてくれるナイアシンアミドは、乾燥や外的刺激から肌を守ってくれる成分と言えます。...

知られざる【馬油】の美肌効果をご紹介!

知られざる【馬油】の美肌効果をご紹介!

馬油は美肌ケアに最適な成分!!古くから火傷や傷の治療薬にも使われていたほど優秀で肌荒れやアンチエイジングなど万能な効果が期待できます♡

知られざる【馬油】の美肌効果をご紹介!

馬油は美肌ケアに最適な成分!!古くから火傷や傷の治療薬にも使われていたほど優秀で肌荒れやアンチエイジングなど万能な効果が期待できます♡